« BOW WOWの新アルバムが届く | トップページ | SHOW-YAの動画配信 »

CPUのTDPとは…

P4 最近、パソコン関係の事を書いていないので、今回はTDPについて少し書きたいと思います。

CPUの性能を表す指標の一つにTDPと言うのがあります。「Thermal Design Power」の略で、訳すと「熱設計電力」と言うことになります。何を表すかと言うと、プロセッサの設計上想定される最大放熱量と言うことです。簡単に言うと、どれだけ発熱するのかと言うことです。
この指標によりCPUクーラーの必要な性能が変わります。また、ノートPCなどの放熱が、しにくいシステムでは重要な指標になります。また、この指標は、CPUの消費電力とは別のものです。

最近のIntelのCPU、特にPentiumD等はTDP130Wです。正直、普通のクーラーでは冷やせないのではないかと思います。ケースの廃熱も絡んできます。いちばん発熱しない、Pentium4でもTDP84Wです。これは、昔のPentiumIII 1BGHzの27Wを大きく上回ります。そこで、Intelは来年、省電力化したCPUを出すらしいです。ハイエンドタイプでも85W程度に抑えるとの事、バリュータイプで65W程度です。この値はPentium4のNorthWoodコアの2.6GHz程度の発熱です。この程度であれば、使えそうです…(^^ゞ

モバイルからサーバまで対応する新マイクロアーキテクチャの概要を発表
マルチコアCPUが怒濤のように押し寄せるIntelの新ロードマップ

|

« BOW WOWの新アルバムが届く | トップページ | SHOW-YAの動画配信 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/7104642

この記事へのトラックバック一覧です: CPUのTDPとは…:

« BOW WOWの新アルバムが届く | トップページ | SHOW-YAの動画配信 »