« MS WindowsXP SP3リリースは来年に | トップページ | SeagateのSeatool »

ベンチマークソフト「3DMark06」公開

Futuremark Corporationは、パソコンの3Dグラフィック性能を計測するベンチマークソフト「3DMark06」を公開しました。「3DMark05」の一部のベンチマークを引き継いだうえで新しいテストが追加されている模様。
追加されたのは、

  • 前作より複雑なShader Model 2.0のテスト
  • DirectX 9の“High Dynamic Range”機能を使用したShader Model 3.0のテスト
  • リアルタイム物理演算エンジンを使用した、マルチCPU対応のCPUテスト
  • その他

本ソフトは、Windows XPに対応するシェアウェアで、価格は

  • Advanced版が19.95米ドル
  • Professional版が490米ドル
  • ライセンスキー無しのBasic版

BASIC版の場合、4種類の3Dグラフィックテストと2種類のCPUテストの実行と、ストーリー仕立ての3Dデモの一部分が観られる。

動作には

  • DirectX 9.0c(2005年12月版)以降
  • 2.5GHz以上で動作するCPU
  • 1.5GB以上のハードディスク空き容量
  • 1GB以上のメモリ
  • DirectX 9.0cおよびPixel Shader 2.0以降に対応し256MB以上のビデオメモリを搭載したビデオカード
  • 一部テストの実行にはPixel Shader 3.0と16ビット浮動小数点テクスチャー、16ビット浮動小数点ブレンディングに対応したビデオカード

ハイスペックを要求しますね。ダウンロードは、FutureMarkと窓の杜から可能です。

FutureMark
Futuremark、“HDR”対応「3DMark06」を公開、窓の杜からもダウンロード可能

|

« MS WindowsXP SP3リリースは来年に | トップページ | SeagateのSeatool »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/8234756

この記事へのトラックバック一覧です: ベンチマークソフト「3DMark06」公開:

« MS WindowsXP SP3リリースは来年に | トップページ | SeagateのSeatool »