« ニンテンドーDS 向けWebブラウザ | トップページ | マイクロソフト 「2007 Microsoft Office」詳細発表 »

WindowsXP SP2のUSB 2.0 ドライバーに不具合

WindowsXP SP2のUSB 2.0 ドライバーに不具合があることが分かりました。内容は、

特定のIntel製品を使用したノートPCのUSB 2.0ポートにデバイスを繋ぐとバッテリーが早く消耗するとの事。原因はIntelチップではなく、ドライバー側の問題をMSは認めている。
ドライバーの不具合が原因でスリープ状態へ移行できないのが原因だとか…

現在、対策を模索中との事です。

Windows XP SP2のUSB 2.0ドライバに不具合

« ニンテンドーDS 向けWebブラウザ | トップページ | マイクロソフト 「2007 Microsoft Office」詳細発表 »

Windows」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/8704575

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP SP2のUSB 2.0 ドライバーに不具合:

» WinXP+SP2でUSB 2.0ドライバに不具合あり!! [ぬるいSEの生態]
MSさんが、「Windows XP Service Pack 2」のUSB 2.0ドライバに不具合が存在することを認めたとのこと。 USB 2.0ドライバを介して周辺機器を利用すると、ノートPCが予測を上回る速度でバッテリを消費してしまうらしい。 もっと早く認められなかったんですかねぇ? 周辺機...... [続きを読む]

« ニンテンドーDS 向けWebブラウザ | トップページ | マイクロソフト 「2007 Microsoft Office」詳細発表 »