« IEの脆弱性のパッチ早期リリースか? | トップページ | 本館「DACCHO'S Software Factory」がYahooカテゴリに… »

IEの機能変更で一時的救済措置

Microsoftは、IEのプラグイン特許対策パッチを一時的に無効にする特別な、互換性パッチのリリースを、次回月例パッチ公開時(4月12日)に公開されるとのことです。これは、ウェブ開発者のIEの機能変更対する調整作業の為の猶予期間です。そして当パッチが有効なのは6月までで、Microsoftはそれまでに新しいIE用のセキュリティパッチを公開する予定との事です。そして、この新しいセキュリティパッチを適用すると、それ以降は変更を元に戻せなくなります。暫くは、混乱するかもしれませんね。

マイクロソフト、IEの機能変更でウェブ開発者に一時的救済措置

« IEの脆弱性のパッチ早期リリースか? | トップページ | 本館「DACCHO'S Software Factory」がYahooカテゴリに… »

Windows」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/9336250

この記事へのトラックバック一覧です: IEの機能変更で一時的救済措置:

» MicrosoftよりInternet Explorerの機能変更に対する一時的な互換性パッチがリリース [Mac OS X News Topics]
Microsoftより、次回のセキュリティアップデート(米国時間4月11日公開予定)時に予定されているActiveX関連の変更プログラムを一時的に無効化する互換性パッチのリリースが計画されているようです。 http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20099725,00.htm..... [続きを読む]

« IEの脆弱性のパッチ早期リリースか? | トップページ | 本館「DACCHO'S Software Factory」がYahooカテゴリに… »