« 「WindowsVista」出荷延期 | トップページ | IEにまたまたセキュリティーホール見つかる »

Sendmailに深刻な脆弱性が見つかる

オープンソースの「Sendmail」に脆弱性が発見されました。修復パッチは提供されております。

この脆弱性は、攻撃者がPCをリモートからコントロールするのに悪用されるおそれがあるという。侵入者は、SMTPメールサーバに任意のコードを一定の間隔で送信し攻撃する。

とのことです。対象は、Windows版、Linux版、Unix版のVer 8~Ver 8.13.5の全バージョンです。Ver 8.13.6にアップするよう勧告されております。

「Sendmail」に深刻な脆弱性--攻撃者に悪用されるおそれ

« 「WindowsVista」出荷延期 | トップページ | IEにまたまたセキュリティーホール見つかる »

Linux」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/9223593

この記事へのトラックバック一覧です: Sendmailに深刻な脆弱性が見つかる:

« 「WindowsVista」出荷延期 | トップページ | IEにまたまたセキュリティーホール見つかる »