« MS 5月定例パッチの誤適応問題を修正 | トップページ | 鎌力弐 KMRK-550A (II) 購入 »

QuickTime 7.1公開

Apple Computerは「QuickTime」に12種類のセキュリティ・ホールが見つかったことを明らかにしました。対策は,最新版のQuickTime 7.1にアップグレードすることです。症状はQuickTimeが不正終了したり,画像や動画に埋め込まれた任意のプログラムを実行されたりする可能性があるとの事です。
今回明らかにされたセキュリティ・ホールは以下の12種類です。

  • JPEG画像の処理に関する整数オーバーフロー(CVE-2006-1458)
  • QuickTime動画の処理に関する整数オーバーフロー(CVE-2006-1459,CVE-2006-1460)
  • Flash動画の処理に関するバッファ・オーバーフロー(CVE-2006-1461)
  • H.264動画の処理に関する整数オーバーフロー(CVE-2006-1462,CVE-2006-1463)
  • MPEG4動画の処理に関するバッファ・オーバーフロー(CVE-2006-1464)
  • FlashPix画像の処理に関する整数オーバーフロー(CVE-2006-1249)
  • AVI動画の処理に関するバッファ・オーバーフロー(CVE-2006-1465)
  • PICT画像の処理に関するバッファ・オーバーフロー(CVE-2006-1453,CVE-2006-1454)
  • BMP画像の処理に関するバッファ・オーバーフロー(CVE-2006-2238)

アップル - QuickTime - ダウンロード(Windows)

|

« MS 5月定例パッチの誤適応問題を修正 | トップページ | 鎌力弐 KMRK-550A (II) 購入 »

Windows」カテゴリの記事

おすすめソフト」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/10047268

この記事へのトラックバック一覧です: QuickTime 7.1公開:

» Apple、「深刻」な脆弱性への修正発表 [新聞記事・ニュース批評@ブログ]
 これまでAppleはMacを「安全」であると言い続けてきましたが、これで本当にその神話が終結したようです。あとは時間の問題でウィルスも出てくるでしょう。 [続きを読む]

受信: 2006年5月15日 (月) 21:15

« MS 5月定例パッチの誤適応問題を修正 | トップページ | 鎌力弐 KMRK-550A (II) 購入 »