« MS、「Power Point」に新たな脆弱性 | トップページ | お勧めOLS「SP+メーカー Ver 0.66.0」がリリースされました! »

MS、「IE」に未公開パッチの脆弱性

MSのInternet Explorer(IE)に任意のコードが実行できる脆弱性があることが分かりました。
この脆弱性は第三者によって7月に公表されましたが、これを突き任意のコードが実行できる事が分かり、次回の定例パッチ公開で対応パッチを公開するとの事です。
しかし、最近、ほんとにWindows、Office、IEと脆弱性が次々発見され、その都度パッチがだされ、パソの電源を入れるとまずパッチをチェックまたは、インストと言う状況になっているような気がします。嫌なことです。MSには、しっかりしてほしいです。まぁこれがいつものMSかもしれませんが...

Windows シェルの脆弱性により、リモートでコードが実行される(KB926043)
マイクロソフト,パッチ未公開セキュリティ・ホールの回避策を公開

« MS、「Power Point」に新たな脆弱性 | トップページ | お勧めOLS「SP+メーカー Ver 0.66.0」がリリースされました! »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/12085998

この記事へのトラックバック一覧です: MS、「IE」に未公開パッチの脆弱性:

« MS、「Power Point」に新たな脆弱性 | トップページ | お勧めOLS「SP+メーカー Ver 0.66.0」がリリースされました! »