« お勧めOLS「SP+メーカー Ver 0.65.1」がリリースされました | トップページ | MS、「Power Point」に新たな脆弱性 »

MS、Windowsの脆弱性へのパッチ緊急リリース

MSは、VMLの脆弱性とNTFS不具合に対するパッチを緊急リリースしました。
「MS06-049(KB920958)」は、Windows 2000 SP4向けのパッチで、4KB以上のファイルをNTFS圧縮している場合、更新などを行うと破損すると言うものです。
「MS06-055(KB925486)」は、VML(Vector Markup Language)の処理時の脆弱性を修正します。この脆弱性を突くサイトが出現し、対応パッチが待たれていました。当方でXP SP2に当ててみましたが、今のところ問題はありません。再起動も無しでした。
MS06-049はWindows 2000 SP4のみで、MS06-055はWindows 2000/XP/2003です。早急にパッチを当てられることをお薦めします。

Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される (KB920958) (MS06-049)
Vector Markup Language の脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB925486) (MS06-055)
マイクロソフトが修正パッチを緊急リリース、VML脆弱性とNTFS不具合の修正
MS、「緊急」レベルのVML脆弱性パッチをリリース--計画を前倒しに

« お勧めOLS「SP+メーカー Ver 0.65.1」がリリースされました | トップページ | MS、「Power Point」に新たな脆弱性 »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/12061779

この記事へのトラックバック一覧です: MS、Windowsの脆弱性へのパッチ緊急リリース:

« お勧めOLS「SP+メーカー Ver 0.65.1」がリリースされました | トップページ | MS、「Power Point」に新たな脆弱性 »