« ウイルスバスター2007導入記 Part 3 | トップページ | Core2 Duo採用マシン製作記 Part 8 »

ウイルスバスター2007導入記 Part 4

「ウイルスバスター2007導入記 Part 3」を掲載して、ひとまず安定しているかなと思っていたら、少しトラブリました。
トラぶったマシンは、「Core2 Duo E6600」搭載した、今月はじめに、作ったマシンです。昨日だったか?朝、立ち上げると、エラーメッセージが…イベントログには、

アプリケーションの方に

ソース:Application Error イベントID:1000
エラー発生アプリケーション PcCtlCom.exe、バージョン 15.0.0.1433、エラー発生モジュール PcCtlCom.exe、バージョン 15.0.0.1433、エラー発生アドレス 0x00033a85

システムのほうに、

ソース:Service Control Manager イベントID:7034
Trend Micro Central Control Component サービスは予期せず終了しました。これは 1 回発生しています。

ソース:Service Control Manager イベントID:7009
Trend Micro Protection Against Spyware  サービスへの接続中にタイムアウト (30000 ミリ秒) になりました。

ソース:Service Control Manager イベントID:7000
Trend Micro Protection Against Spyware  サービスは次のエラーのため開始できませんでした
そのサービスは指定時間内に開始要求または制御要求に応答しませんでした。

これを見ると、Trend Micro Central Control Component(PcCtlCom.exe)がこけて、ほかのサービスが立ち上がらなくなったようです。ただ、再現性はありません。Windowsを再起動の後、いつものことをしたあと、ウイルスチェックをして、スパイウエアチェックをしたら、

ソース:Application Error イベントID:1000
エラー発生アプリケーション PcScnSrv.exe、バージョン 15.0.0.1329、エラー発生モジュール ssapi32.dll、バージョン 5.0.0.1066、エラー発生アドレス 0x0001c564

がでて、検索中にこけました。Windowsを再起動して、同じことをしましたが再現しません。のち、各種パターンファイルを更新して、現在に至ってますが、再現してません。HDやメモリもチェックしましたが不良などはありませんでした。理由はわかりませんが、「ウイルスバスター2007」は、環境により安定動作しないようですね。他のウイルス対策ソフトへ移ろうか検討中です。

« ウイルスバスター2007導入記 Part 3 | トップページ | Core2 Duo採用マシン製作記 Part 8 »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/13642522

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスバスター2007導入記 Part 4:

« ウイルスバスター2007導入記 Part 3 | トップページ | Core2 Duo採用マシン製作記 Part 8 »