« タブブラウザ「Sleipnir 2.5.6」リリース | トップページ | MSの「Excel」にゼロディ攻撃か? »

ウイルスバスター2007導入記 Part 5

1月30日に公開された、「ウイルスバスター2007 (15.30.1511)」を、先日入れてみました。大きな変更点は、「WindowsVista」や「Internet Exproler 7」に対応したという所でしょうか?今のところ、前のバージョンよりいい感じがしますが、消費メモリ量は、大きいようです。
今回は、「アップグレードキット」の方を入れました。新規インストの場合は、「シリアル番号」が必要なので、古いバージョンをアンインストする前に、メモしておくか、「シリアル番号」が記載されているものを用意してくださいね。「アップグレードキット」は、「シリアル番号」は必要ありません。今入っている「ウイルスバスター2007 」の設定を引き継いで更新されます。ただ、いくつかの変更点と引き継がれない項目があります。なので、更新したら設定を確認してください。

  • URLフィルターのフィッシングチェッカーが有効になる。
  • インテリジェントアップデートがデフォルトに戻る。
  • 迷惑メール対策ツールバーの表示や非表示が、迷惑/詐欺メールの判定の中に設定ボタンが出来た。従い、メニューの中の削除が無くなる。

こんなところでしょうかね?今のところ、落ちたりはしておりません。ただ、メモリは512MB以上でないと、動作が重くて使えないのは変わってないようです。

|

« タブブラウザ「Sleipnir 2.5.6」リリース | トップページ | MSの「Excel」にゼロディ攻撃か? »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/13798988

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスバスター2007導入記 Part 5:

« タブブラウザ「Sleipnir 2.5.6」リリース | トップページ | MSの「Excel」にゼロディ攻撃か? »