« 最近、液晶ディスプレイが… | トップページ | ASUSTeK「P5B Deluxe WiFi-Editon」のBIOSを1004に更新! »

CPU切替機(KVM)を交換…

先日、「Core2 Duo」採用マシンでノイズの記事にて「P5B Deluxe WiFi-Edition」上で、DOSやBIOS設定、WindowsXPのインスト中、マウスやキーボードを使うと「SoundMAX」からブツブツとノイズが載る件を紹介し、原因の一つにKVM(CPU切替機)が悪さをしていると掲載しました。その時のKVMは、RATOC REX-420A」でマウス、キーボード共にPS/2接続でした。

この件を解消したいため、今回KVMを交換しました。新しく購入したのは、「Corega KVM CG-PC2KVMXAS」です。このKVMは、クロスインターフェースタイプです。クロスインターフェースタイプとは、キーボードはPS/2接続で、マウスはUSB接続になるタイプです。今までは、キーボード、マウス共に、USBかPS/2しかありませんでした。

このタイプの特徴は、キーボードはDOSやBIOSでも安定して使えるPS/2で、マウスは最近流行のUSB接続にすることが出来るという利点があります。最近のマウスは、PS/2接続からUSB専用に変わりつつあるように思われます。それに対応できるKVMです。

ただこのKVMのディスプレイはアナログのままです。KVMでDVI切り替えが可能なタイプもあるようですが、相性がありそうなのと、まだ、高価なので止めました。今のところ順調に動作しております。

追伸
また、「IntelliMouse explorer 3.0 復刻版」の写真で紹介した、「P5B Deluxe WiFi-Edition」でPS/2接続で光学式マウスのランプがついたままになる現象ですが、このKVMをかました所、シャットダウン時は消えるようになりました。

|

« 最近、液晶ディスプレイが… | トップページ | ASUSTeK「P5B Deluxe WiFi-Editon」のBIOSを1004に更新! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自作パソコン」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/14238381

この記事へのトラックバック一覧です: CPU切替機(KVM)を交換…:

» パソコンのCPU交換 [パソコンの周辺機器情報ブロッグ]
パソコンのCPU交換の意味をご存じですか。あなたは今使っているパソコンの性能に満足していますか? [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 15:06

« 最近、液晶ディスプレイが… | トップページ | ASUSTeK「P5B Deluxe WiFi-Editon」のBIOSを1004に更新! »