« DIONがメール送信時の認証方式変更へ | トップページ | OLSリリース情報「SP+メーカー Ver 0.75.0」 »

OLSリリース情報「Firefox 2.0.0.6」

Mozilla Foundationは「Firefox 2.0.0.6」をリリースしました。今回は、セキュリティ対策のアップデートです。

修正内容は

  • エスケープされていないURIが外部プログラムに渡される。
  • クロームによって読み込まれたabout:blankウィンドウを通じた特権昇格。

です。「Thunderbird 2.0.0.6」「Thunderbird 1.5.0.13」でも修正されております。

Mozilla Japan
モジラ、脆弱性2件を修正した「Firefox 2.0.0.6」公開

« DIONがメール送信時の認証方式変更へ | トップページ | OLSリリース情報「SP+メーカー Ver 0.75.0」 »

Windows」カテゴリの記事

おすすめソフト」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/15960155

この記事へのトラックバック一覧です: OLSリリース情報「Firefox 2.0.0.6」:

» リリース情報(Firefox 2.0.0.6) [きゃんずぶろぐ]
Mozilla Japan - Firefox 2.0.0.6 リリースノート Firefox 2.0.0.6がリリースされました。 自動更新がかかって知りました。 重要な「エスケープされていない URI が外部プログラムに渡される」の修正が含まれます。 ...... [続きを読む]

» Mozila Firefox2.0.0.6リリース [日々是電脳空間]
Firefox2.0.0.5をリリースしたばかりの、Mozila Firefoxですが、昨日30日、Firefox2.0.0.6をリリースしたそうです。 今回修正されたのは、「エスケープされていないURIが外部プログラムに渡される」というものと、「クロームによって読み込まれたabout:blankウィンドウを通..... [続きを読む]

» モジラ、7月で二度目のセキュリティアップデート [IT最新ニュース]
Firefox 2.0.0.6が公開されました#63889; ★引用記事:モジラ、脆弱性2件を修正した「Firefox 2.0.0.6」公開 (CNET Japan) Mozilla Japanは7月30日、脆弱性2件を修正した「Firefox 2.0.0.6」を公開した。 今回修正されたのは、「エスケープされていないURI..... [続きを読む]

» 「Firefox2.0.0.6」が公開、脆弱性2件を修正 [アスのBlog]
Firefox2.0.0.6では、「エスケープされていないURIが外部プログラムに渡される問題」(MFSA2007-27)と、「クロームによって読み込まれたabout:blankウィンドウを通じた特権昇格」(MFSA2007-26)の2件の脆弱性を修正する。脆弱性の重要度は、MFSA2007-27が4段階で最も高...... [続きを読む]

« DIONがメール送信時の認証方式変更へ | トップページ | OLSリリース情報「SP+メーカー Ver 0.75.0」 »