« オンラインソフトリリース情報「SP+メーカー Ver 0.86.0」 | トップページ | 「秘密結社 鷹の爪」 »

Kaspersky Internet Securityでトラブル、再び…

5月28日22時以降の更新ファイルを適応し再起動すると、ネットに接続出来なくなるトラブルが発生しているようです。
また、更新サーバも繋がりにくくなっているようです。
原因は調査中との事ですが、ファイアウォール設定の中にあるステルスモードを解除することで回避できる場合があるようです。

このステルスモードについて簡単に説明します。

その前に、インターネットをしているとIPアドレスと言われるものが出てきます。IPアドレスとは、ネット上でのコンピュータの住所になります。
という事を、ご理解の上、ステルスモードとは…

そのネット上のIPアドレスに対し、パソコンが存在するのかをチェックするソフトが存在します。
目的は、悪意のある行為と考えて良いかと思います。存在が確認されると、悪意のある行為がなされる場合があります。
従い、存在を隠すことで、それらを防ごうというのです。
そのパソコンの存在を隠す機能をステルスモードと呼びます。

今回のステルスモードを解除するとは、パソコンの存在をチェックされた場合、存在しますということになります。
Kaspersky Internet Securityでステルスモードを解除し、存在が分かり悪意のある行為がなされる可能性があるのは、パソコンとインターネットが直接、繋がっている場合に限られます。
従って「ルーター」と呼ばれる機器を使用している場合、大抵のルーターはステルスモードを装備しているので、基本的に影響はありません。
それは「ルーター」自身がファイアウォールだからです。

今回の回避方法でセキュリティ的に影響を受けるのは、パソコンとインターネットが直接、繋がっている場合です。

5月28日22時以降の更新後、ネット接続できない現象について

|

« オンラインソフトリリース情報「SP+メーカー Ver 0.86.0」 | トップページ | 「秘密結社 鷹の爪」 »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/41362547

この記事へのトラックバック一覧です: Kaspersky Internet Securityでトラブル、再び…:

« オンラインソフトリリース情報「SP+メーカー Ver 0.86.0」 | トップページ | 「秘密結社 鷹の爪」 »