« MSの定例パッチ悪用メールに注意… | トップページ | WindowsVista導入期 其の三 »

WindowsVista導入期 其の二

今回は、光学メディアへの書き込みに関して簡単に掲載します。
XPは標準で、CDのみ、かつパケットライトには非対応でした。
Vistaは標準で、CDおよびDVDへの書き込み及び、パケットライトに対応しております。
なので、必ずしもライティングソフトは必要ありません。

ただ以下の点に注意が必要です。

  • ISOイメージ自体の書き込みに対応していない。
  • UDFブリッジではない。
  • DAO(シングルボーダー)ではない。

上記の事が必要なら、別途ライティングソフトが必要になります。

VistaでCDやDVDに書き込む場合、以下の2種類があります。

マスタ形式
いままでの書き込み方法で、互換性が高い方法です。

ライブファイルシステム形式
いわゆるパケットライト方式です。マスタ形式と違いファイル単位での書き込みが可能なのでフロッピーやUSBメモリのように使用できます。ただ、互換性はマスタ形式より低くなります。

他のOS(以前のWindowsを含む)を利用するのであれば、マスタ形式を選ぶ方が良いと思います。また「-RW」のメディアであれば、ライブファイルシステム形式を、「-R」のメディアであればマスタ形式と言う選び方も良いのではと思います。

|

« MSの定例パッチ悪用メールに注意… | トップページ | WindowsVista導入期 其の三 »

Windows」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/42827944

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsVista導入期 其の二:

« MSの定例パッチ悪用メールに注意… | トップページ | WindowsVista導入期 其の三 »