« WindowsVista Service Pack 2 RC版、リリースへ… | トップページ | ASUSTeKのマザー2枚BIOS更新! »

Excelに新たな脆弱性が見つかる

Microsoft(マイクロソフト)は、Excelにリモートで任意のコードが実行される脆弱性が見つかったと発表しました。
現在調査中とのことで、修正パッチの提供を予定しています。

影響を受けるのは、

  • 「Office 2000」
  • 「Office 2002」
  • 「Office 2003」
  • 「Office 2007」
  • 「Office 2004 for Mac」
  • 「Office 2008 for Mac」

悪意のあるExcelファイルを開いた場合、無効なオブジェクトにアクセスしようとし、任意コードの実行が可能になると言うのもです。
現時点の対策として、知らないファイルは開かないように呼びかけられております。

Microsoft Office Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される(968272)
「Excel」にパッチ未対応の脆弱性--MSが注意呼びかけ

« WindowsVista Service Pack 2 RC版、リリースへ… | トップページ | ASUSTeKのマザー2枚BIOS更新! »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/44172519

この記事へのトラックバック一覧です: Excelに新たな脆弱性が見つかる:

» Excelに未修正の脆弱性 [アスのBlog]
MicrosoftExcelは、処理の実装が原因でセキュリティホールが存在します。攻撃者にこのセキュリティホールを利用された場合、ユーザが細工されたExcelファイルを開くことで任意のコードを実行される可能性があります。日本でも見つかっているらしい。メールからxlsファイル...... [続きを読む]

« WindowsVista Service Pack 2 RC版、リリースへ… | トップページ | ASUSTeKのマザー2枚BIOS更新! »