« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月に作成された記事

オンラインソフトリリース情報「Firefox 3.0.10」

Mozilla Foundationは「Firefox 3.0.10」をリリースしました。

今回のアップデートは、「Firefox 3.0.9」で行われたセキュリティ修正により、新たな不具合としてクラッシュする問題が発生したようです。
それに対する物のようです。

「Firefox 3.0.10」公開、前バージョンで発生した不具合を修正
Firefox 3.0.10がリリース、クラッシュ問題に対処

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインソフトリリース情報「Firefox 3.0.9」

Mozilla Foundationは「Firefox 3.0.9」をリリースしました。

9件のセキュリティ関係の修正や安定性の向上、ローカルデータベースによって保存されているCookieが「失われる」という不具合などが修正されます。
セキュリティに関しては、1件が最高の重要度で、ブラウザエンジンが特定の環境下でメモリがクラッシュし条件によっては任意のコードが実行できると言うものです。

当方WindowsVista SP1及びWindowsXP SP3環境下で更新しましたが、いまの所、問題ありません。

Mozilla Japan
「Firefox 3.0.9」公開、合計9件の脆弱性を修正

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインソフトリリース情報「JkDefrag GUI v1.05」

フリー(Free GNU software)の高速デフラグツール「JkDefrag」をGUIで操作する「JkDefrag GUI v1.05」がリリースされました。
今回は、修正がメインのようです。

Freeware made by Emiel Wieldraaijer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoftが2009年4月定例パッチ公開!

Microsoft(マイクロソフト)は、2009年4月定例パッチを公開しました

  • MS09-010 緊急 ワードパッドおよび Office テキスト コンバーターの脆弱性により、リモートでコードが実行される (960477)
  • MS09-013 緊急 Windows HTTP サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (960803)
  • MS09-011 緊急 Microsoft DirectShow の脆弱性により、リモートでコードが実行される (961373)
  • MS09-014 緊急 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (963027)
  • MS09-009 緊急 Microsoft Office Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (968557)
  • MS09-012 重要 Windows の脆弱性により、特権が昇格される (959454)
  • MS09-016 重要 Microsoft ISA Server および Forefront Threat Management Gateway (Medium Business Edition) の脆弱性により、サービス拒否が起こる (961759)
  • MS09-015 警告 SearchPath の複合的脅威の脆弱性により、特権が昇格される (959426)

WindowsXP SP3、WindowsVista SP1共に再起動ありでした。
また2009年2月に見つかったExcelの脆弱性(968272)に対するパッチも含まれております。

2009 年 3 月のセキュリティ情報
MSが8件の月例パッチを公開、ExcelやWordPadの脆弱性を解決
MS、4月の月例パッチを公開--「Excel」などの脆弱性を修復

Microsoft Office Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される(968272)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Microsoftが2009年4月定例パッチを予告!

Microsoft(マイクロソフト)は、2009年4月定例パッチを予告しました。
公開日は4月15日です。リリース予定の内容は、

  • Windows、Office 緊急  再起動あり リモートでコードが実行される
  • Windows 緊急 再起動あり リモートでコードが実行される
  • Windows 緊急 再起動の可能性あり リモートでコードが実行される
  • Windows、Internet Explorer 緊急 再起動あり リモートでコードが実行される
  • Excel 緊急 再起動の可能性あり リモートでコードが実行される
  • Windows 重要 再起動あり 特権の昇格
  • Microsoft Forefront Edge Security 重要 再起動あり サービス拒否
  • Windows 警告 再起動あり 特権の昇格

現時点にて緊急5件、重要3件の計8件です。
今回、Excelのパッチも予定されておりますが、判明しているExcelの脆弱性に対するパッチなのかどうかについて、Microsoftは明らかにしてしておりません。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2009 年 4 月
マイクロソフト、4月のセキュリティ情報の事前通知を発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WindowsXPとOffice2003、延長サポート期間に移行へ

Microsoft(マイクロソフト)のWindowsXP及びOffice2003は、2009年4月14日に「メインストリームサポート」から「延長サポート」に移行します。

では、延長サポートになるとどうなるのか?
新機能の提供、無償サポートが無くなります。

提供されるのは、
セキュリティ関連を含む更新プログラムの提供と有償サポートです。

私見として、個人ユーザであれば、さほど大きなことではないと思われます。

マイクロソフト サポート ライフサイクル
Windows XPとOffice 2003が4月14日から「延長サポート」期間に
Windows XPおよびOffice 2003のメインストリームサポート、まもなく終了に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインソフトリリース情報「SpeedFan Ver 4.37」

「SpeedFan Ver 4.37」がリリースされております。
このソフトは、CPUやシステム、HDDの温度表示やファンの回転数表示や制御、またHDDの状態を示す「S.M.A.R.T.」を表示するソフトです。

SpeedFan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンラインソフトリリース情報「JkDefrag GUI v1.04」

フリー(Free GNU software)の高速デフラグツール「JkDefrag」をGUIで操作する「JkDefrag GUI v1.04」がリリースされました。
機能の追加と修正がなされております。

GUI for Jeroen Kessels JkDefrag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kasperskyのアンチスパム機能でトラブル

JustSystem(ジャストシステム)のセキュリティソフトKaspersky Internet Security(カスペルスキー)のアンチスパム機能でトラブル報告がありました。

対象は「Kaspersky Internet Security 2009」及び「Kaspersky Internet Security 7.0」のアンチスパム機能で、4月2日早朝~4月2日16:00頃に配信された定義データベースにより、アンチスパム機能が無効になったり、本製品の修復と言うポップアップやステータス画面にて修復動作を求められたりするようです。

修復動作を行っていない場合、定義データベースの更新で直るようですが、修復動作を行っていた場合は完全アンインストール後、再インストールが必要です。
またJustSystemは、現在、詳細を調査し分かり次第、ホームページにて案内をしていくようです。

Kaspersky アンチスパム機能が使えなくなってしまう件の発生と改修につきまして
Kaspersky製品を完全にアンインストールしたい

カスペルスキー製品のアンチスパム機能に不具合、新しい定義ファイルに更新を
Kaspersky製品でアンチスパム機能が無効となる不具合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ASUSTeK「P5Q Deluxe」のBIOSを2001に更新!

ASUSTeK「P5Q Deluxe」のBIOSを「1805」から「2001」に更新しました。
アップデート方法は、BIOSからUSBメモリ経由(ASUS EZ Flash 2)で行いました。

CMOSクリア後、BIOSのデフォルト設定を読み込み、BIOS設定を行い保存し再起動…
無事生還してます。現時点では特にトラブルはありません。

| | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »