« Microsoftが2009年7月定例パッチを予告! | トップページ | Firefox 3.5にゼロディ攻撃の脆弱性 »

Microsoftが2009年7月定例パッチ公開!

Microsoft(マイクロソフト)は、2009年7月定例パッチを公開しました

  • MS09-029 Embedded OpenType フォント エンジンの脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB961371)  緊急 要再起動
  • MS09-028 Microsoft DirectShow の脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB971633)  緊急 再起動の可能性あり
  • MS09-032 ActiveX の Kill Bit の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB973346)  緊急 再起動の可能性あり
  • MS09-033 Virtual PC および Virtual Server の脆弱性により、特権が昇格する (KB969856) 重要 要再起動
  • MS09-031 Microsoft ISA Server 2006 の脆弱性により、特権が昇格される (KB970953) 重要 要再起動
  • MS09-030 Microsoft Office Publisher の脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB969516) 重要 再起動の可能性あり

以上、計6件です。
WindowsXP SP3及びWindowsVista SP2にインストールしましたが問題は発生しませんでした。

2009 年 7 月のセキュリティ情報
MS、7月の月例パッチを公開--「DirectShow」の脆弱性など6件
MS月例パッチが公開、ゼロデイ攻撃につながる脆弱性に対処

|

« Microsoftが2009年7月定例パッチを予告! | トップページ | Firefox 3.5にゼロディ攻撃の脆弱性 »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/45641042

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoftが2009年7月定例パッチ公開!:

« Microsoftが2009年7月定例パッチを予告! | トップページ | Firefox 3.5にゼロディ攻撃の脆弱性 »