« Adobe ReaderとAcrobatに脆弱性、14日にもパッチを公開 | トップページ | Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティパッチ公開 »

Microsoftが2009年10月定例パッチ公開!

Microsoft(マイクロソフト)は、2009年10月定例パッチを公開しました

  • MS09-050 SMBv2 の脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB975517) 緊急 リモートでコードが実行される  要再起動
  • MS09-051 Windows Media Runtime の脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB975682) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動の可能性あり
  • MS09-052 Windows Media Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB974112) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動の可能性あり
  • MS09-054 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB974455) 緊急 リモートでコードが実行される 要再起動
  • MS09-055 ActiveX の Kill Bit の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB973525) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動の可能性あり
  • MS09-060 Microsoft Office 用の Microsoft ATL (Active Template Library) の ActiveX コントロールの脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB973965) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動の可能性あり
  • MS09-061 Microsoft .NET 共通言語ランタイムの脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB974378) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動の可能性あり
  • MS09-062 GDI+ の脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB957488) 緊急 リモートでコードが実行される 再起動の可能性あり
  • MS09-053 インターネット インフォメーション サービスの FTP サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB975254) 重要 リモートでコードが実行される 再起動の可能性あり
  • MS09-056 Windows CryptoAPI の脆弱性により、なりすましが行われる (KB974571) 重要 なりすまし 要再起動
  • MS09-057 インデックス サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (KB969059) 重要 リモートでコードが実行される 要再起動
  • MS09-058 Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される (KB971486) 重要 特権の昇格 要再起動
  • MS09-059 Local Security Authority Subsystem Service (LSASS) の脆弱性により、サービス拒否が起こる (KB975467) 重要 サービス拒否 要再起動

以上、計13件です。
WindowsXP SP3及びWindowsVista SP2にインストールしましたが問題は発生しませんでした。

2009 年 10 月のセキュリティ情報
MS、10月の月例パッチで「Windows 7」の脆弱性を修復
過去最多のMS月例パッチが公開、IEやSMBの脆弱性に対処

« Adobe ReaderとAcrobatに脆弱性、14日にもパッチを公開 | トップページ | Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティパッチ公開 »

Windows」カテゴリの記事

セキュリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/46491763

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoftが2009年10月定例パッチ公開!:

« Adobe ReaderとAcrobatに脆弱性、14日にもパッチを公開 | トップページ | Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティパッチ公開 »