« ネットーワークと無縁社会 | トップページ | 東北大震災の被災者および福島第一原発の現場の方々へ »

【介助と介護】アリとキリギリス

久しぶりのブログ記事ですね。なぜ、久しぶりになったのかと言えば、多くの事があり体調不良で記事が書けませんでした。
久しぶりの記事ですが専門のIT関連ではなく、いま私がしなくてはならないことを書きたいと思います。

アリとキリギリスと言う物語は、みんな知っていると思います。そうイソップ物語ですね。
内容は、説明するまでもありませんが、

夏にアリは冬の為に働き、キリギリスは歌い遊んでいた。冬になり、アリは夏に働いて貯めた蓄えがあるが、キリギリスは歌を歌っていてので蓄えが無い。アリに蓄えを恵んでほしいと懇願し、アリから説教を受け蓄えを恵んでもらう。

このような話ですね。他の説では、冬になりキリギリスが蓄えを恵んでほしいとアリに頼むが「キリギリスさんは、夏に歌っていたんだから、冬は踊ったらどうかな?」と言われ断らて餓死すると言う話もあります。
要約すれば「怠けずに、将来の事を考え、ちゃんと働こう。」そういうことですね。

これからが本題です。

親父は、下肢と視力に障害があります。お袋は虚弱体質で、最近、ほんま歳をとったなぁと感じます。親父もお袋も、足腰が弱いから転びやすいし、よろけています。
親父もお袋も踏ん張ることが出来ないから転びやすい。次、転んだら、ほんま、大ごとになります。

しかも親父は視野欠損90%以上やから、目がほとんど見えません。家の中では、一人で歩いていますが、それは長年、暮らしているから目が見えなくても移動に不自由はありません。
しかし目が見えず足腰が弱いと言う事を、想像して頂きたい。
部屋や廊下等に、いつもあるものがあり、ないものはないなら危険は少ないが、もし廊下に何かが落ちていたら、どうなりますか?

例えば小さなレシートとか落ちていて踏んだらどうなるかを想像できますか?
ビニール袋でも構わない、踏んだらどうなりますか?
いつもは何も無い場所に膝下までくらいの箱が置いてあったら、どうなりますか?
はい、親父は目が殆ど見えないため、それらに気づかずに転ぶ可能性が大きいですね。そしたら、親父は大ごとになりかねないです。

では、その問題に対し、介助する側は、どうしたらいいのでしょうか?
答えは簡単です。普段の生活の中で、例えば家の中を移動するとき、例えば廊下など、あらゆるもに気を配り危険だと思われる物を探しながら歩くのです。
普段の生活の中と言うのは、24時間、危険な物はないか気を使い続ければ良いだけなのです。

もし、よろしければ、自分の家の中で半日で良いので、廊下や部屋で、危険な物が無いか気を配り続けて下さい。
ほんまの介助者は、その上に介助を受ける人がいるのです。これは、ほんの一部です。例えれば、野球場の中にある砂粒一つ位の大変さです。

介助や介護と言うのは、普段の生活が出来なくなった方の「生」を背負う事なのです。介助される方の数だけ、介護する側が背負うのです。
私の場合は、両親ですので二人です。でも、背負う「生」は二つでも、もう一つ「生」があります。誰の事だか分りますか?
そう自分です。オレは、自分の「生」で、二人の「生」を背負ってます。

さて、長々と書いてまいりましたが、これからがクライマックス。短いですよ。

最初に、アリとキリギリスを紹介しました。どんな関係があると思われますか?
それまでに、少し前置きをします。勿体ぶるなと言う言葉が聞こえてきます。誰でしょうか?(笑)

オレは、いまでも求職中です。はっきり言えば無職です。オレの生い立ちは、またの機会にしますが、オレと似たような経験は、そういないと思います。
オレは、いま両親の介助を一人でしてます。働かずに求職活動もしてません。ときどきネットで遊んだりしてます。オレは、まわりからキリギリスと言われてます。

このオレは、アリですか?
それとも、キリギリスですか?

« ネットーワークと無縁社会 | トップページ | 東北大震災の被災者および福島第一原発の現場の方々へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えっと。。。結構重い話ですが、とりあえず一人で全部被ると悲惨なので、公的な介護サービスを利用するのも一考かと。
市町村の福祉関係の窓口で相談してはどうでしょうか?
ウチは寝た切り介護だったので、、、、ちょっと御兄弟、御親類とか見えないので、その辺が判らないのですが。

Nさん、こんばんわ&おおきにです(^^)
親類縁者には全て断られちゃいました(笑)
なので、一人でしないといけないんですよね。公的な介護サービスの利用するのも手ですね。Nさん、アドバス、おおきにです(^^)

オレ自身、満身創痍で、そこまで手が回らなくなっちゃってます(笑)
でも、頑張りまっせ~(*^^)v

それは何だかな。。。ともかく良いケアマネージャーが見付かるだけでも
大分、楽になると思います(ウチはそうでした)
逆に適当な人(ヤる気の無い、要するに無能)だと困りますけど。
親類縁者が頼りにならないのは困りますね。。。まあウチも似た様なものでしたが^^;
あ、一つ思ったのは、若い人ほど介護問題に鈍感な事です。
誰でも、介護する、されるは、何時か来るのになあ(苦笑)
まあ我が身に降り掛からなければ判らないのでしょうけど。。。
私はそこまで長生きしたくありませんが(笑)

Nさん、返信コメント、遅れて申し訳ありませんです(^^ゞ
なかなか難しいですね。実際に見ている側から言えば、困っちゃいます。
でも、親類縁者に言っても助け合えないので、オレ自身が前向きに頑張るだけです。

悔いのないようにね。後からあ~だ、こ~だと言わせませんけどね(笑)
ケアマネさんは、よく調べてみます。良い方が見つかるように(^^)

介護って、両親だけやなくて、ご先祖様に対しての感謝でもあると思うんですよね(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150435/51609273

この記事へのトラックバック一覧です: 【介助と介護】アリとキリギリス:

« ネットーワークと無縁社会 | トップページ | 東北大震災の被災者および福島第一原発の現場の方々へ »